廃遊園地での怪異


732 メル 2005/10/30(日) 13:26:13 ID:YkYWzMLgO
これは今年の夏、地元G県の廃遊園地Kで私が体験したマジ怖かった話です…
遊園地はつい2〜3年前閉鎖され、今ではホームレスのたまり場になっていると噂で聞いていました。
そこで友人と弟と、3人で行ってみようということになりました。
遊園地までは山道で、友人が車を出してくれました。真夏で暑かったこともあり、車内の窓は全開でした。
山を登り始めたころから、車内に小バエのような小さな虫がいるのが気になっていましたが、次第にその数が明らかに増えていました。
耳もとで羽音がすごいし、目や口の中にも入ってくる始末。私たちは気持ち悪くなり、一旦車を路駐して車外に出ました。
すると、子猫の鳴き声が聞こえたんです。見ると、竹林の中に白い子猫がいました。
初めは怯えていて、こっちに寄ってはこなかったのですが、私たちが持っていたお菓子やパンをちらつかせると、徐々に道の方に出てきました
。明るいところではっきり猫を見た私たちはびっくり、その猫は右耳がなく、血が固まったあとがありました
右目もつぶれていて、とても悲惨な姿でした。
野良にやられたのかな、かわいそう…と、持っていたパンなどを全部子猫にあげ、私たちはまた車に乗り込みました。
そのとき、パンを狙ってか子猫を狙ってか、カラスが2羽急降下でおりてきました。
細かい羽が飛び散り、私たちは一瞬固まりましたが、弟が車から飛び降りジャケットを振り回しながら声をあげて近づいていくと、
カラスはパンをくわえて逃げていきました。

私と友人も車から降り様子を見に行くと、さっきの子猫はカラスにつつかれたりしたようでお腹や顔から血を流していました。
もう息もか細く、10分後くらいに息をひきとりました。
埋めてあげようということになり、竹やぶに子猫を埋めました。その間もずっと上空ではカラスがギャアギャア鳴いていました。
カラスが人を襲うとかよく聞くので、早く移動しようと、いざ遊園地に向かいました。
現地に着くと、従業員入口みたいなところがまたげそうだったので、そこから中に入りました。
ひとしきり散策しましたが、ガラスが割られているとかコンドームが落ちているとか、その程度でした。
持って行ったポラで写真もとりましたが、何も写りませんでした。
しかし、恐怖は帰りに起きたのです。
お化け屋敷のアトラクションの前に、中から引っ張り出されてきたと思われる、ドレスを着たマネキンが横たわっていました。
仰向けのかたちで、首を右向きに倒して(右を見て)いました。
そのとき、さっきまでうるさいくらい鳴いていたセミがバチバチ言いながら一気に飛んだのです。
それにびっくりし、きゃぁー!と3人で抱き合ってしまいました。
蝉が飛び立ったあと、急激な静けさに全員が生唾を飲み込み、冷や汗をかいていました。
そのとき、私は友人の目が一点を凝視していることに気付きました。まばたき一つせず強張った顔の友人に、…大丈夫?と聞きました。
すると
「あの人形…さっきまで右向きだったよね…?」
と、震える声で言いました。
私の真後ろにあるマネキンです。とたんに、全身に鳥肌がたち、背骨から頭の先に圧迫感を感じました。
そして振り向くと、たしかにマネキンは左をむいていたのです!
しかも、仰向けの体制からまるで寝返りをうったかのように、体ごと左を向き、私たちのことを見ていたのです!
次の瞬間、友人が突然すごい声で「グェェェェ!」と叫びました。
驚いて友人の方に振り返ると、口からよだれを垂らし、手の指がありえない向きにばらばらに動いていました!
私は腰を抜かしそうになりましたが、弟に友人をおんぶさせ、走って入口まで逃げました。
途中、弟が「うわぁぁぁ!」と叫ぶので見ると、友人が後ろから弟の首をしめていました!私は恐怖とパニックで「Mちゃん(友人)やめて!」
と泣き叫びながら、友人の背中を強くグーで叩きました。
すると友人は「うぅ…」と呻いて、弟の首を絞めるのをやめます。
そのすきに走って、また首を、背中を叩く、…それを繰り返し、やっと入口にたどり着きました。
弟は完全に腰が抜けてしまっていて、友人はまた遊園地の中に入っていこうとします。
引き止めようと腕や肩をつかんだら、すごい力で振り飛ばされ、粉々のガラスの上に顔面からつっこみました。
パニックだったので痛みはありませんでした。そのとき、友人のバッグから車のキーがのぞいているのに気付きました
私は弟に友人を見張っておくように言い、キーを持って車を取りにいきました。
すると、フロントガラスの上に、埋めた子猫の死骸が、土まみれで置いてありました。
私は足ガクガクで、その場に立ち尽くしました。近くでカラスの鳴き声もします。
掘り返したのか?なんて考える余裕が一瞬ありました。完全に頭がぼーっとしてしまい、動けませんでした。
そのとき、遊園地入口の方から弟が友人をずるずる引きずりながら「姉ちゃん!何やってんだよ!」と叫んで出てくるのが見えました。
私は、弟の首がどす黒く変色しているのと、友人の気持ち悪い動きを見て、何かがふっきれました。
そして「わぁーっ!!」と叫びながら、フロントガラスの猫の死骸を手で払いのけました。
そのときのずっしり重く、ぺちゃっとしてぬるい感触はいまだに忘れられません…
そして車に乗り込み、弟と友人を乗せ、急いで山をおりました。
途中カラスが車に何羽もぶつかってきたり、エンジンが3回とまるなど、本当に怖かったです。
山をおりてすぐのところにA神社があり、私たちはそこに転がり込みました。
巫女さんの姿が見えたので、助けてください!と叫びながら境内の方に走りました。
顔面血まみれの私を見て、巫女さんはすぐに神主さんを呼んでくれました。
友人はふらふらと車から降りてくると、わりとちゃんとした足取りで境内の方についてきました。
しかしわけのわからない言葉をぶつぶつ言っていました。私と弟は、友人の手をしっかり握り、神主さんに事情を話しました。
神主さんは「事情はわかったから、きみたちは病院へ行きなさい。この子(友人)についてきた物と話してみるから」と言ってくれました。
私と弟は二人で病院へ行きました。弟は首にくっきりと手のあとがついていました。
私は病院の入口につくなり、血の気が引いて倒れてしまいました。あとで弟に聞いたら、出血がひどくて大変だったそうです。
弟に血をもらい、顔に残ったガラスを取り出し縫う手術を受けました。病院側が連絡したらしく、警察の取り調べも受けました。
次の日、私と弟もA神社にお祓いに連れていかれました。
神主さんは怒りませんでしたが、事態の深刻さについては静かに話してくれました。
友人は、あのあと意識が戻らず1週間入院しました。
友人の車は、神主さんの助言もあり親御さんが廃車にしたようです。
弟は、首の痕はとれましたが、尻餅ついたときの打ち所が悪く、片足が不自由になってしまいました。
私はというと、ガラスが目に入ってしまったらしく、数年後には失明すると診断されました。