ぽっくり

33 本当にあった怖い名無し sage New! 2006/10/25(水) 01:12:43 ID:HG4gtbDW0
>>32
わかったわかった。もったいぶるつもりじゃなかったんだ。

師匠シリーズを書いてる人と似た境遇なんだけれども、
俺にも、この「師匠」みたいな感じの知り合いがいます。
ただ、ちょっと関係は違うけどね。

以下、「その人」のことを「先生」と呼ぶことにします。
師匠シリーズをぱくってw


先生はいわゆる見える人で、色んな人から
その手の相談をされることが多かった。
んでもって色んなところに行ったことがあるらしく、その手の話は得意。

先生からは色んな話は聞いたんだけど、その中で俺が一番怖かった話。

国語はあんまり得意じゃないからその辺は簡便してくれ。

34 本当にあった怖い名無し sage New! 2006/10/25(水) 01:15:56 ID:HG4gtbDW0
皆さんはオカ板の住人なんで、「呪怨」って映画見たことありますよね?
呪われた家があり、その家に関わった人たちが白い女の幽霊に殺されるってやつです。
(凄く端折ったけど、こんな感じだよね?)

俺もオカルティーな話大好きだからもちろん見たんだけど、
この映画、俺には違った意味で怖かった。
なぜなら、俺はこれに似た話を10年以上前に知っていたから。

多分13年前だと思うんだけど、先生に聞いた話。
もちろん13年も前のことだから正確な一語一句は覚えていない。
だけど、大筋は覚えてるから頑張って書くわ。

35 本当にあった怖い名無し sage New! 2006/10/25(水) 01:17:41 ID:HG4gtbDW0
いつものように俺たちは先生に怖い話をねだった。

先生「これはね、こういった家で起きた話なんだけどね」

といい、紙に「その家」の絵を書いた。
まぁ普通の二階建ての家なんだけど、横にお墓がある。
本当はもう少し色々あったんだけど、文章にすると難しいから
この辺でお願い。

先生は話を続ける。

「この家に住んでる人の話なんだけどね、二階に寝室があるんだ。
もちろん寝室には窓があるんだけど、窓からお墓が見えるから
普段は鍵をかけてカーテンも閉めている。やっぱりお墓が見えるのは気持ち悪いからね。
ただ、その日は暑かったし、窓を開けてもベッドに寝そべればお墓は見えないし、
『まぁ窓を開けても何にもないだろ』ってことで窓を開けて寝た。

お決まりで、これが悪かったんだけどね。

36 本当にあった怖い名無し sage New! 2006/10/25(水) 01:19:06 ID:HG4gtbDW0
夜中、暑苦しくて目が覚めた。が、身体が動かない。金縛り。
ふと、気配を感じ窓を見ると白い顔をした女が自分を覗き込んでる。
うわー・・・っと思ったけど、身体が動かないから逃げれない。
そうすると、その女の顔だけが自分の顔にすーっと近づいてきた。
『もうだめだー!』と思った瞬間、その人は気を失ってしまったんだ。」

さらに先生は話を続ける

「夢かも知れないけど、こんなことがあったもんだから、その人はどんなに暑くても
窓を開けたまま寝るのは止めた。開けること自体止めた。
それからしばらくは例の白い女も出てこないし、ほっとしていた。
もうこの話は終わったと思ったんだね。

でも違った。

その人が昼寝(だったと思う)をしていたときだ。

いきなり両足を凄い力で掴まれた。
足を見ると、壁に大きな黒い穴が開き、そこから白い手が自分の足を掴んでいた。
(このときその人は、この白い手の持ち主が、あの「白い女」だと直感的にわかったみたい。)
もの凄い力でその穴に引っ張られる。周りのものにしがみつくが、そんなのものともせず
グイグイ引張られる。身体の半分くらいが黒い穴の中に入り、『もう駄目だ・・・』と
思ったとき、母親がその人を起こした。夢か現かわからんかったが、夢だったようだ。

ただ、奇妙だったのは彼の寝方で、壁に足をかけるように寝ていたらしい。
母親は二階で変な音がしたので、何かあったのかと思い二階に上がったところ、
その人が変な寝方をしていたので起こしたのだそうだ。」

37 本当にあった怖い名無し sage New! 2006/10/25(水) 01:20:26 ID:HG4gtbDW0
それからその人は、先生のところに相談に来た。出来事を全部話された後、
「あのまま引き込まれていたらどうなっていたんですかね?」と聞かれたので
先生は「死んでいたでしょうね」と答えたらしい。その後、いわゆる
お祓い的なことをして帰したとのことだ。

この人はもともと先生は知り合いだったらしい。
ほかにも色んなことがこの家では起きてたんで、相談に来ていたんだとさ。
でも、今回はあまりに気持ち悪かったからすがる思いで先生に相談にきたんだと。

先生はさらに続ける。

「怪死事件は色々あるだろ?前日までは元気だったんだけどいきなり死んじゃったとか。
突然の心臓発作とかさ。いわゆる「ぽっくり」ってやつだけど。あれのいくつかはこういうの
なんだよ。なんかよくわかんない存在に魂だけもっていかれるんだ。お前らも気をつけろよw」

と冗談紛れに言っていた。そういうのわかんねー俺には気をつけようがねーよw

で、この話なんだけど、俺には呪怨と被るんだよ。あそこまで酷くないけどさ。
上に書いたけど、「白い女が窓から覗き込む」って書いたでしょ?
俺がずっと持ち続けてたイメージと呪怨1でのシーンがモロに被るんだ。
その後、黒い闇に引きずり込まれるっていうのも。

以上おしまい。

みんなどう思うかわかんないけど、呪怨見たときは変な寒気がしたよ。