身代わり

85 本当にあった怖い名無し sage 2006/12/08(金) 12:09:32 ID:bqR69Qju0
私は昔、同じ悪夢を毎日見ていました
その悪夢は私とそれ以外の人(顔は知らない)がアイスピックを持った男性に
追いかけられ、捕まると耳の穴にそれを突き刺されるという夢です
男は夢に出ると必ず誰かをそうやって殺します
しかし一人しか殺さず、また犠牲となった人はそれ以降夢に出ません
運良く逃れられた人は次も夢に出ます。そして男に殺されるまで夢から決して
退場することはありません

私は陸上部で夢の中でもそれが反映され、男から逃げることが出来ましたが、
ある日部活の練習中に転んでしまい、軽く足を捻ってしまいました
走れるには走れるのですが、痛くて上手く走れません

私はこの日男が夢に出ないことを祈りましたが、男はまた現れました
一箇所に固まっていた私と他の人たちは男の出現と同時に一斉に逃げ出し、
その中で私だけが足を引きずるように逃げました
男はそれを目ざとく見つけ、私を狙い始めます
いつもなら引き離せるのですが、捻った足では追いつかれるばかりです
殺されたら私はどうなるんだろう・・と恐怖を感じながら男のアイスピックが
私の耳を貫き、その後滅多刺しにされました
でも痛みはありません
やっぱりコレはただの夢だったんだ!と安心して、そのまま夢が覚めるのを
待ちました

目が覚めると、私はちゃんと生きてました。ただ脂汗が酷く、シャワーを浴びに
行こうと部屋の明かりをつけると、あるものが目に入ります
それは何かに滅多刺しにされ、耳を鋭利なもので貫かれたヌイグルミでした

そのヌイグルミは私のお気に入りで、いつも一緒に寝ています
もしかしたら私の身代わりになってくてたのでしょうか?そのヌイグルミは
今は修復し、今でも大切に持っています