ほどほどに

871 バカモノ New! 2007/09/03(月) 08:13:41 ID:YlBRZRF30
もう何年も前のこと
今だから書ける、あの時のこと

結論から言うと俺は不倫してたんだよ
その時俺は20代前半、相手は36
2倍ほどの年齢もあるのだが、なんていうか
人妻に興味があって。同い年くらいの女の子達にはちょっと飽きてたから

H子は若い女とは一線を画するものがあったね
金は出してくれる、メシはおごってくれる、セックスは濃厚
フェラに始まり挿入、射精も口で受け止めてくれた
毎晩毎晩求められ、俺の股間はひりひりしててもまだヤッた
それで何よりもH子は中だしをOKしてくれてたんだ
もしガキができれば旦那の子っていうことにするわってw
旦那とは年に2回しかしないくせに、どんだけぇ〜

872 バカモノ sage New! 2007/09/03(月) 08:22:06 ID:YlBRZRF30
俺は会うたびに「綺麗だよ」とけだるそうに言うと
H子は嬉しそうにする
日課のようにH子とのまぐわいが始まり今夜も中に出した
だが、いつもと様子が違うH子、「今日、やばいかも」

ビビリな俺は寒気と吐き気が同時に起こったが(←ヘタレ)
平静を装ってたが、この日から、何かの歯車が狂い始める

1週間程して、H子が生理周期でもないのに血が出はじめた
どろどろ どろどろ
このときばかりはH子もさせてくれなかったな。なんか情緒不安定だったし

・・・うん、そう。流れちゃったんだよ
H子はすごい落ち込んで責めてきた。んで、俺と違ってオカルティックな女
だったから、なんか、Y県の山の中にある先祖の墓に水子を供養するとかなんとか言い出した。
俺は面倒くせぇな、と思いながらも、しぶしぶ付き合い、その水子供養の墓に行くことにした

873 バカモノ sage New! 2007/09/03(月) 08:30:28 ID:YlBRZRF30
H子は俺の部屋に来た時にナプキンを変えるのだが、俺の部屋には汚物入れがない
だから、玄関に適当に置いてあるゴミ袋の中にその流れた子っぽい血のついたナプ
を捨てるように言った。H子は袋に捨てて、そのまま帰った。

前日の夜、一人暮らしをしている自分の部屋で寝て、次の日の朝?になるも
何か様子が変。なんかさ、夢なのか、現実なのか、わかんないような時ない?
俺は眼を開けてる(つもり)でいる。確かに俺は布団に寝ていて部屋の天井を見上げてる
でも、体がだるすぎて起こせない。すると

ガサササササッ!って玄関から音がする。すげぇびっくりしたのは今でも覚えてる。
誰か泥棒か!?って思って体を起こしたいが、起こせない。コントロールできない夢を
見てるみたい。ひた、ひた、と音がする。誰か来る!俺はどきどきしながらそれを待った

874 バカモノ sage New! 2007/09/03(月) 08:38:22 ID:YlBRZRF30
俺の部屋は1K。キッチン越えたらすぐにおれの部屋。
それが近付いてきて・・・俺は眼を疑ったね
来たのは泥棒じゃなかった。赤ん坊が天井を這ってるんだよ!
オァァ オァァァァ って野太い声出しながら俺の目の前、つまり天井を横切るように這っている。
俺は、それまで幽霊とか水子とか鼻で笑って馬鹿にしてたが、その時の恐怖感は異常だったよ。
・・・もしうかしたら、このまま俺の布団まで這ってくるのか!?
考えただけでも恐ろしい。体を動かそうと踏ん張るが、動けない。逃げても逃げても
逃げ切れない悪夢を見たときみたい。
赤ちゃんが目の前を這って行って、目線から消えた次の瞬間


875 バカモノ sage New! 2007/09/03(月) 08:48:07 ID:YlBRZRF30
鬼婆みたいな形相したおばあさんが俺の顔を横からのぞき込んできて
「おまえがぁぁぁぁぁあぁぁぁぁぁ!」って顔を思いっきり近付けてきた
右手にはなにか肉片みたいなものを持ってて、それはぷくぷく動いてた
思わず俺は「うわああああ!」って叫んで飛び起きたらいつもの俺の部屋
やっと夢から覚めた〜
ほっと一息ついて、起き上がる。罪悪感からきた悪夢だろ、思い着替えて
H子と合流。水子供養にでる。

供養する墓について、そこにいる霊能者みたいな婆さんに水子を落としてもらう
らしいが、そこで俺は驚愕することになる。なんと、今朝見た悪夢に出てきた鬼婆
とその婆さんが酷似していたのだ!


876 バカモノ sage New! 2007/09/03(月) 08:58:43 ID:YlBRZRF30
婆さんは俺を見るなり、目をぎらっと見開かせH子にこういった「この男が父親だね?」
H子、きまづそうにうなずく。
婆さん俺をにらんで「あんたがしっかりしないからよ。言っとくけどねぇ、水子ってのは
体を与えられずに命を奪われるんだ。子供の霊は無邪気な分、怖いよ。あんたの人生変えるよ」
俺は「はっ?」とか思ったが、まぁ、婆さんは女遊びを慎むように説教してくれたんだろうと
勝手解釈しなおし、「はい」とだけ答えた。

婆さん曰く、今回の水子はH子の先祖の墓には入れないらしい。H子の嫁ぎ先が旦那の家だから
俺の子供は入れないらしいのだ。霊の世界までイエ制度に縛られてんのかよ!って笑っちまったが
まぁしゃぁない。とりあえずお祓いを受ける。
帰ってから、俺は久し振りに女友達とあうことにした。たまには若い女も抱かないとなw
A子を家に呼んだ。A子は霊感があるといってはばからない、不思議系天然娘だから一連の話を
聞かせてあげようと思って。
A子は何も知らないはずなのだが、A子は部屋に入ってきて俺を見るなりこういった。

877 バカモノ sage New! 2007/09/03(月) 09:11:58 ID:YlBRZRF30
A子「すごいもの背負ってるね」
俺「!!!???」
すげービビった。A子は冷静に淡々と話しだす。
A子「相当やばいよ。背中にいる子、笑ってる。無邪気な笑顔」
俺「お前、本当に見えるんだな」
A子「サイテー」
A子はそのまま帰って行った。

その後、悪夢に毎夜うなされ、睡眠不足になる。さらには肩や腰が
すぐに凝るようになり、体調不良。仕事も休みがちになる。
内科では原因不明ということで心療内科にかかったら、俺の診断名は
「仮面うつ病」だと。
おかげで仕事は病休を取ることとなるも、そのまま職場復帰できず引きこもり

いまだに治療中で、仕事も見つかっていない。
だから月曜のこんな時間から書き込めるというわけさ。
よう、これからよろしくな、おまえらw