人形の視線


276 本当にあった怖い名無し sage New! 2008/12/28(日) 21:32:25 ID:QPUFEznC0
久しぶりのカキコ。

俺の子供の頃の話だけど、物置代わりに使ってる屋根裏部屋があったんだ。
いつからか、そこは俺のゲーム部屋となって、学校が終わったらいつもそこに
入り浸るようになった。
秘密基地みたいな感じで、ゲームにも集中できてお気に入りの場所だったんだけど、
たった一つだけ気になる点があったんだ。

ちょうど、テレビに向かってゲームしている俺の背後、そこに不気味な市松人形が三体
あるんだよ。よくテレビとかで髪が伸びた〜とか話題になる感じの人形ね。
俺、めっちゃびびりだからさ、もう気になっちゃって気になっちゃって。
中でも一体だけ、やたら精巧にできてる奴がいて、目玉とか今にも動き出しそうで
本当に怖かったんだ。

あまりにも怖かったんで、ゲームやっててもさ、「貴様! 俺を見てるな!」って感じで
バっと後ろを振り向いたりして時々警戒するんだ。
でもそれだけだと不安だったんで、更に
「俺、お前が見てるの気づいてるから。馬鹿なマネはよせよ・・・。俺霊能力高いし、
俺に手出したら俺の守護霊(自分では死んだばあちゃんだと思ってる)が
黙っちゃいないからな」
と口で言って牽制もしてた。

277 本当にあった怖い名無し sage New! 2008/12/28(日) 21:34:25 ID:QPUFEznC0
その甲斐あってか、その人形は相変わらず不気味だったが、特に髪が伸びるわけでも
目玉が動くわけでもなく、おとなしいもんだった。
ただ、背中には常にゾクゾクと悪寒が走り、何かに見られてる、という感覚だけは
付き纏った。

しばらくして、俺には一人部屋が与えられて、屋根裏部屋は本格的に物置となった。
それから更に年月が経ち、家族で食事を取ってるときに、ふとその屋根裏部屋での
体験を話してみたんだ。
すると、話を聞いた両親が顔を曇らせた。

「人形は1体しかないはずだけど?」

何を馬鹿な、人形は3体あって、その内1体が不気味なんだよ。
俺はしつこく食い下がったが、両親も譲らなかった。
じゃあ、実際に確かめてみようよ。
そういって、屋根裏部屋へと向かった。

そこには確かに、1体しかなかった。それはあの不気味な1体だった。
いくら探しても、その1体しかなかった。2体でも3体でもなく、1体。
聞けば、その不気味な1体は、死んだばあちゃん(俺が勝手に守護霊認定している)が
いつも大事にしていた人形だそうな。
俺が感じていた悪寒や視線は、もしかしたらいないはずの2体から感じていたもので、
ばあちゃん人形が俺を守ってくれていたのかもしれない。