真っ赤な葉書


827 本当にあった怖い名無し sage New! 2009/02/24(火) 10:52:56 ID:ZdST33C40
俺は子供んとき結構な田舎に住んでたんだが、
そこに毎年、夏休みだけ遊びに来るヤツがいた。
東京に住んでて、夏休みだけ長期でじいちゃんの家に預けられてたらしい。
田舎で子供もあんまりいなかったから、
俺とそいつ(H)と、もう一人同年代だったSちゃんって女の子と、
3人でよく海で泳いだり、チャリで遠くまで行ったりして遊んでた。

あの頃、昼間みのもんたの番組で、
本当にあった怖い話って特集やってたの、覚えてる?
おも●っきりテレビの特番で、夏休みだけやってたんだ。
アレ見て何となく、俺らも肝試ししよーぜって話になって、
俺が「今から神社に葉書を一枚置いてきて、夜中にみんなで取ってこよーぜ!」
みたいなことを言って、みんなで葉書を置きに行った。

その日、確か地域の集会みたいのがあって、
大人はみんなそれに行って夜中までいなくて、
家から出ようと思えば出られる感じだった。
それで夜中にみんなでこっそり家を出てきて、置いた葉書を取りに神社へ行った。

Hは怖がっているのが見え見えで、
俺は実はSちゃんのことが好きだったから、
怖がらないでいいとこ見せようなんて張り切って、
ずんずん神社の中へ入ってった。
神社の賽銭箱の上においといた葉書は、まだそこにあって、
俺がそれを持ち上げたら・・・・・・
葉書が真っ赤に塗りつぶされてたんだ。

828 本当にあった怖い名無し sage New! 2009/02/24(火) 10:53:19 ID:ZdST33C40
俺らは悲鳴を上げて神社の外まで猛ダッシュした。
とにかく怖くて、早く家に帰りたかった。
境内まで走り出て振り返ったら、
Sちゃんが付いてきていなかった。
Sちゃんはまだ賽銭箱の前にいて、
変な風に体を折り曲げて、うずくまるようにしてた。

俺とHはでかい声でSちゃんのことを呼んだんだが、
Sちゃんは全然気がつかなくて、
そうしてるうちにHがSちゃんのとこへ走ってった。
俺は情けないことに、怖くて足がすくんでた。

HがSちゃんを助け起こそうとしてたんだが、
Sちゃんは全然動かず、Hが俺の方を向いて「何やってんだよ!」
みたいなことを言って、俺も慌てて走っていった。
Sちゃんは半分白目を剥いて、うげえええええとか言ってて、
俺は怖くなって、二人を置いて大人達を呼びに行った。

親たちが集会後の飲み会をいつもしてる飲み屋に行って、
泣きながらしどろもどろに説明して、
親父からは2発ぐらいゲンコツで殴られて、神社に連れて行かれた。
それで、親父たちと一緒に神社に戻ったら、
まだ二人はそこにいた。
でも、俺そこで変な物見ちゃったんだよ・・・。

HがSちゃんの両腕を掴んでゆすってて、
Hの背中には細い白い腕みたいのがぐるっと巻き付いてた。
最初、それはSちゃんの腕だと思ってたんだけど、
もう少し近寄ったら、Sちゃんの腕はだらんと地面についてたんだ。
だから、もう一組、誰かの腕がHの背中に回されてた。
それは、親父が二人の名前を呼んだら、ふーっと消えたんだ。
消えたっていうか、Sちゃんの中に入ってったように見えた。

829 本当にあった怖い名無し sage New! 2009/02/24(火) 10:54:27 ID:ZdST33C40
Sちゃんはもともと体が弱かったんだけど、
その後、学校に来なくなった。
中学ぐらいになってから、「気が触れて精神病院に入院してる」とか、
「あこんちの子はキツネが憑いた」とか、ウワサになってた。
でも、田舎ってそういうところ閉鎖的で、
実際のところ何が起きてたのかは、実はよく知らないままだった。

Hの方はそれ以来こっちの田舎に来ることがなくなったんだけど、
ちょっと事情があって連絡を取り合うようになって、
いつごろくらいだったか、Hが「Sちゃんから葉書が来た」と言ってきた。
真っ赤に塗りつぶした葉書に、教えてもいないのに住所が書いてあって、
毎年毎年送られてくるようになったみたいだった。
Hはちょっとおかしくなったんじゃないかと思うくらい、
電話をかけてきてはあの日のことを詳しく話したりしてた。

その後しばらくして、Hが「おはらいにいく」と言ってきた。
これまで届いた葉書を全部持って、それに憑いてる念(?)を落としたら、
もう葉書は届かなくなるとか言っていた。
「オマエ、これまでの葉書全部もってんのか?」と聞いたら、
捨てるのも気持ち悪くて一つ残らず取ってあると言ってた。

電話の様子がおかしかったから、一緒に行くか?と聞いてみたけど、
Hは「いや、他の人と行くから・・・」と言われたので、それ以上言わなかった。

830 本当にあった怖い名無し sage New! 2009/02/24(火) 11:04:40 ID:ZdST33C40
おはらいの後、Hから電話がかかってきて、
「これでもう大丈夫だ!」とかやたらハイになってたんだが、
結局しばらくたって、またHから「葉書が来た」と電話があった。
Hは取り乱して、「おはらいもしたのになんでなんだよう!」とか、
「なんで俺ばっかり」とか電話口で泣きわめいてた。

様子が変なのは十分分かったけど、俺も仕事だったんで、
「また後で電話する」つって、電話を切ってしまった。
でも、それ以降、Hとは連絡が取れなくなった。
携帯もずーっと電源が切られているし、会社にも行っていないようだった。

Hがそのころ付き合っていた彼女の連絡先を知ってたから、電話してみたら、
「ちょっと前に別れた。だってあの人、変だったじゃん。
どうせ、あの葉書の子にでも呪い殺されたんじゃないの?」
なんて言って笑ってた。
俺はなんだかその子のことが怖くなって、電話番号も消して、係わりを経った。

興味本位で肝試しなんか、しかも神社でするもんじゃねーなというか、
そんな話。終わり。