体質


299 本当にあった怖い名無し 2009/09/28(月) 04:45:07 ID:fooGk+L3O
怖い話というか、新しく発見した話を

自分は常々幽霊はいると思っている。っというか広い宇宙、UMA、宇宙人よろしく、まだ確認、発見されてない物なぞ、いくらでもあると考えているからだ。

考えるようになったが正確か。
勿論いまいる空間、空気中にもあるかも知れない

自分の知り合いに寺生まれの小山田(仮)と言うやつがいる。
彼は日頃からよく、金縛り、ワンピースの女云々、不思議な体験をしていると言っていた。

自分は勿論、彼の語る不思議体験を話半分を聞いていたわけだが…
ある日、彼を含めた知り合い何人かで某滝に行くことになった。
所謂超有名心霊スポット。

季節は秋、深夜2時。

そこに向かう車内、異様なテンションの中で見えると豪語する小山田にかけられた期待は大きかった。誰も口にはださなかったが。

現地に着くと中々いい雰囲気
かなり肌寒い中、滝の流れる音と草木がすれる音がする。

300 本当にあった怖い名無し 2009/09/28(月) 05:04:19 ID:fooGk+L3O
その雰囲気にのまれ全員押し黙っている

「…へっくしょい!」

小山田だ。

「風邪でもひいたか?www」
「馬鹿でも風邪ひくのか?ww」
などとみんな小山田をちゃかす。小山田も「あ゛ー」といいながら鼻をすすっている。
それにより若干全員の緊張が緩んだ。

なをも2回、3回とくしゃみをする小山田。

…4回、5回

中々止まらない

…10回、15回

「おいおい、くしゃみしすぎだろ」
もうかれこれ30分はくしゃみをしている。

結局幽霊も何もみずに帰宅することに。小山田のくしゃみは止まらない。
一行はそのまま24時間開いてるファミレスへ入り、今日の感想を言い合う事にする。

別に何もなかったね、などと話していると不意に小山田が口を開いた。

「いや実際やばかったよ、数えきれないぐらいいっぱいいた。一人ファミレスの入口までついて来てたしw」

301 本当にあった怖い名無し 2009/09/28(月) 05:18:08 ID:fooGk+L3O
一同、は?ってなった。

自分「いやいやお前普通だったじゃんw」

小山田「普通じゃなかったべ?くしゃみいっぱいでたしw」

自分「意味わかんねwくわしく説明しろ!」

小山田「いや俺幽霊限定なんだけど、近くにいるとくしゃみでるんだよねw」

そういえばファミレスに入ってからはくしゃみをしていない。
しかし俄かには信じられない。
そんな事ってあるのか?と思いながらファミレスをでた瞬間、また小山田がくしゃみをする。

「まだいたのかー、今日は俺についてくるきだな。うち寺だしまぁいいけどw」

小山田は寺についてもまだくしゃみをしていた。


後日小山田にあれは本当だったのか聞いてみた。

「うん。なんかアレルギーみたいなものなんだよね。その日の調子によってもかわるけど、大体5m圏内にいるとくしゃみが止まらなくなるw便利だろ?案外幽霊もなんかの物質でできてて、それのアレルギーなのかもなw」

と笑っていた。