森の中で
今から20年程前、私が高校2年生の事です。
夏休みに、親友の森*と浅*、私の3人で東北を旅しました。

親友二人は鉄道旅行が目的、私は野鳥観察が目的で、
2週間の旅程は、北東北をゆったり鉄道で巡りながら、
野生生物の宝庫を訪ね歩くといったものでした。

旅の中盤、青*県の日本海側にある十*湖を訪ねました。
十*湖は、鬱蒼と茂る広葉樹の森の中に、
その名の由来となった数の湖が点在する湖沼群です。
訪ねる人もほとんど無く、不気味な雰囲気を漂わせています。
元々都会育ちである親友たちは、
「凄いところだなぁ!まさに秘境だね!!」などとはしゃぎ回っていました。

その日の宿泊先は、
湖のほとりにあるバンガローを予定していました。
旅行に行く前に、3人で公衆電話から予約の電話を入れてあったのです。
ところが、いくら歩いても着きません。案内も全く見当たらず、
少し歩くたびに、迷路の様に入り組んだ山道が次々と現れ、
いつのまにか湖からも離れてしまいました。
鬱蒼と茂る木々によって太陽光線が遮られた、
昼なお暗い山道を、迷い歩きました。

皆が遭難の恐怖に押し潰されそうになっていた時でした。
私たちが進もうとしていた道の方から、
なんともイヤーな臭いが漂ってきたのです。
臭いの元には、毛むくじゃらのおじさんがいました。
なにか、生命の危機を感じさせるイヤーな臭いに、逃げる体勢をとり掛けていた
私たちはほっと胸を撫で下ろしました。
臭いは、おじさんが肩にかけていた熊の毛皮のものだったようです。
おじさんにバンガローの場所を尋ねると、なぜだか一瞬戸惑いの表情を浮かべてから、
おじさんが歩いてきた方を指差し、「すぐそこだよ。でも、やめた方がいいんじゃないかな」と
言うと、スタスタと歩いていってしまいました。(方言交じりで正確にはわかりませんでしたが)

果たして、山道を進むと目の前に小さなバンガローが6つ並ぶキャンプ場があったのです。
私と浅*は大喜びで駆け回りましたが、一人森*だけが沈んだ顔をしていました。
「どうしたんだよ。助かったのに」
「いや、さっきのおじさん・・・、」
「ん?」
「左手が無かったんだよ。手首から先、何かですっぱり切り落としたみたいに」
「・・・・事故で無くしたんじゃないか?」
「血が出てたんだよ!真っ赤な切り口からポタポタ垂れていたんだぜ!」
青ざめた森*の言葉に、言いようの無い恐怖に晒されました。
しかし、もう夕方になっており、これから森を抜けるのも危ないということで
バンガローに泊まることにしました。
キャンプ場の隅にある管理棟から、管理人直通の電話をかけました。
「ツーツーツーツー」 「あれ、出ないぜ?」
何度か時間を置いてかけ直したのですが、つながりません。
普通の電話の様にダイヤルつきでは無く、受話器を外せばつながる電話なのに!!
「やりぃ!タダで泊まれるんじゃねぇ?」能天気な浅*が喜んでいますが、
私と森*はいよいよヤバイのではと、冷たい汗を流していました。
「ま、まぁ、電話の故障なのかもな。明日の朝また電話してみよう」

つるべ落としに太陽は沈んでいきます。簡単な夕飯を済ませると、
3人は早々にバンガローの中にこもりました。
バンガローは狭く、3人が川の字に寝るともういっぱいでした。なぜかラジオも
うからず、私たちは将来の事、好きな女の子の事などを語り合い、言い知れぬ恐ろしさを
忘れようとしていました。浅*もいつしか怖くなってきたようで、もう能天気な事は言わなくなっていました。

3人が話し疲れてしまい、初めて数十秒の沈黙が訪れた、午前2時ごろでした。

《シュイーーーーーーーーーーーーーン》
10秒以上も、甲高い金属音がキャンプ場に鳴り響いたのです。

しばらく、私たちは口を開くことができませんでした。
「・・・・・おい」
「今聞こえた!?」
「お前も?」「おれも聞こえた!あれなんだよ!?」
電気のこぎり、いわゆるチェーンソーの音でした。
それが、どう遠く見ても30メートルと離れていないところから聞こえたのです。

「逃げよう!」「でも、外に出たらやられるよ!」「だからといってここにいたらいつか殺されるよ!!」

でも、外に出る勇気はありませんでした。そのバンガローはなぜか左右に扉があって、1箇所を固めておけば対抗できる
構造ではありません。しかも内部が狭いので身動きもとれません。襲われれば、確実に死ぬ!!

私たちは、いつ扉を開けられるかと身を縮めて、天に祈るしかありませんでした。
《シュイーーーーーーーーーン》更に近くでチェーンソーが鳴り響きました。

「うわぁぁぁぁぁぁ!!!!」
どれだけ時が流れたのでしょう、私たちは全身にぐっしょりと汗をかいたまま、
身動きもできずいました。そして、ガラスを通して朝の光が入ってきたとき、
精神の限界に達したのか3人とも気を失ってしまったのです。

気がついたときは、昼の12時になっていました。
恐る恐る扉をあけると、なにもいません。
「助かった〜!!」皆、涙を流して抱き合いました。
「とっとと帰ろうぜ!タクシー呼べないかな?」
管理人に電話をして、ついでに車も呼んでもらおうと、管理棟に向かいました。
しかし、受話器を耳に当てても、なにも聞こえません。
何も・・・・、「うわぁーー!!」「電話線が切れている!!」

まるでチェーンソーで切ったように・・・。
誰もいなかったときには、昨晩の音は空耳だったのかも。などと能天気に
考えていた3人でしたが、現実を叩きつけられ、いよいよパニックに陥りました。
昨日見た片手の無いあのおやじが、チェーンソーを振り回して襲い掛かってくる姿が
脳裏にへばりつき離れません。

逃げようにも、土地勘のあるおやじを相手にどう逃げればいいのでしょう。

途方に暮れていたその時、私たちがやってきた山道の方から、
ガサガサと草を掻き分ける音が聞こえてきました。

「ぎゃあああああああああああ」山道を掻き分けてきたのは、拳銃を持った男たちでした。
「助けて!!」「お前らナニやってるんだ!!!」

猟友会と警察の山狩りだったのです。
警察官に連れられ、駅まで歩く途中聞いた話はこんなものでした。

「1週間前に、キャンプ場のそばで殺人があった。君らが歩いた道からは
見えなかったのだろうが、バンガローから50メートルも離れていない。
犯人はずっと森の中を逃げ回っていて、一度は犬が追い詰めたが我々が行ってみると
犬は首を切り落とされていた。危険なので、一帯には入らないように周知したんだが、
君らは知らなかったのか?」

警察でカップラーメンをご馳走になり、ほっとしたところで昨日会ったおやじの事を話すと、「良く、殺されずにすんだなぁ」と言われました。
まさにあのおやじが殺人鬼だったのです。
解放された脚で列車に乗り込み、旅を終えました。

その後、殺人鬼は見つかり、警察に取り囲まれて、自らの命を絶ったそうです。
チェーンソーで・・・。

今でも、なぜ私たちが殺されなかったのか、不思議でたまりません。