トップ

作品集
日記帳
気配
最後の挨拶
生きているありがたみ
夢に出てきた女の子
正しく生きろ
名もない石碑
先輩の心の声
心残り
哀しそうなばあちゃん
地震の最中
マリンの鈴の音
母の悲しみ、子供の寂し さ
古い電車を探して
ロマンのない臨死体験
僕の体を使って
戒め
親父とオレ
襖の文字
胎児の成長
満開の桜
ぢいたんおかえり
他人の体
父の声
いつものように
迎えに来た?
向かいのおじいちゃん
同級生
母親を心配する子供
ばあちゃんの咳
時の女神
忘れて欲しくなかった
思い出作り
最後の添い寝
愛犬との思い出
完全に守護霊
遊び相手
置物の出所
消えない明かり
オレの妹
窓の外の風景
お使い
チャーハン
中のよい老夫婦
借りは返しました
お礼
親友思い
命名
あし・・ら・・
冷たくしてごめん
果せなかった約束
あの声は・・
見えない常連さん
生まれなくてもわが子
生まれる前兆を察知
幽霊の願いをかなえた男
事なきを得る
「心の瞳」
首無し地蔵のわけ
親を選んで生まれた
起こしてくれた子
別れの予感
娘に除霊される
布団をかけてくれた人
ばあちゃんに見守られて  いる
お参り
ばあちゃんの形見
気をつけて帰るんだぞ
ボールペン
大好きなじいちゃん
将来のために
祖父の声
現代の座敷童
罪の意識
ご加護
夢で遊んであげたシロ
良くないものから守ってく れた猫
黒い蝶
白い蝶
おじいちゃんの短歌
蛇の思い
憑き過ぎ
医師になる決意をしたわ け
おじいちゃんの死を悲し  む猫
生きる方を選んだ
壊れた玩具