新米の神さん

660 本当にあった怖い名無し sage 2006/06/24(土) 12:30:32 ID:boUXSrrBO
携帯からで失礼しますorz
んで、これは以前「ぬこなりきりスレ」にカキコしたモノなんで、スレ違いでごめんorz

こんばんは。
あぁ、時間が時間やし、おはようかいな?
どっちでもえぇねんけどな。
何や、また喉がゼロゼロしとるん?発作かいな?
しんどいなぁ、辛いやろなぁ…。
起きんでもえぇから、そのまま聞いといてな。

あんな、ばぁばな、出掛けんといかんようになってしもたんや。
せやから時間がないから、簡単に言うで?
あんたの喘息、ばぁばに渡しぃや。
持ってったるわ。
でもばぁばはまだ新米やからな、全部は持ってったげれへんねん。
せやから半分、渡しぃや。
ばぁばな、神さんになる勉強してくるからな、ちゃんと神さんになったら残りの半分も持ってたる。
しんどいけど、それまではあんたが半分を持っとってなぁ。
ばぁばが貰いに来るまで、あんたはこっちに来たらあかんよ?
ばぁばとの約束やでぇ?

…あぁ、時間になってしもた、もぉ行かなあかんわ。
ほんなら行って来るでな。
神さんになる勉強、頑張るからなぁ♪
またなぁ(゚ω゚)ノシ♪


662 本当にあった怖い名無し sage 2006/06/24(土) 12:46:37 ID:boUXSrrBO
…という夢を見ました。
当時の私は持病の喘息がひどくて、入院退院を繰り返してました。
この夢も、入院中のベッドの上で見ました。

ばぁばは「さくら」という名前のばぁちゃん猫でした。
私はさくらと呼ばずに、ずっとばぁばと呼んでいました。
ばぁばは優しい猫で、外で遊べない私の遊び相手をしてくれてました。
発作を起こしている時は部屋に入って来ず、部屋の外でジーッと座って待っててくれてました。

退院して帰宅した私に、父が「さくらが死んだんだよ」と教えてくれて、あの夜、ばぁばが最後のお別れを言いに来てくれたんだと悟り、大泣きしました。

その夢を見た以降も発作は起きたけど、前みたいに入院する程の事はなくなりました。
ばぁばが逝ってから何年も経って、気がつくと、喘息そのものの症状が出なくなりました。
成長して体質が変わったのかも知れない。生活環境が変わったからかも知れない。
でも私は、ばぁばが残りの半分を持ってってくれたんだと思っています。
ばぁば、神さんになる勉強、めちゃ頑張ってくれたんだろなぁ…。
ありがとう♪