マガツジ



532 雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ sage New! 2013/04/08(月) 19:01:56.63 ID:HmoRQwfq0
知り合いの話。

彼の住んでいる集落の山には、細くて長い農道があるのだという。
そこを歩いていると、よく自分を失うらしい。
心ここにあらずといった感じになり、道の上にただ呆然と立ち竦んでしまう。
鳥の声などでハッと我に返ると、軽く数時間が経過しているのだとか。

その道は、地元では『マガツジ』と呼ばれているそうで、一人でいる場合は
通らない方がよいとされているそうだ。

「俺、そこは何度も軽トラで通ってるけど、変な体験をしたことはないよ。
 というか皆が言うには、車とかに乗っていると大丈夫らしい。
 いや用もないのに、わざわざ歩いて通ろうとは思わないな。
 だってそんな体験しちゃったら、何か嫌じゃないか」
そう言って、彼は肩を竦めていた。