ヒデキ



827 雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ sage New! 2013/04/22(月) 19:43:11.24 ID:TEN/rORq0
友人達の話。

幼少の頃、彼らは山中にある石切場跡を遊び場にしていたという。
「鬼ごっこや陣取り、氷鬼、他何でもやったけど、缶蹴りだけは出来なかったな。
 ヒデキがいたから」
誰が名付けたのかはわからないが、その石切場にはヒデキと呼ばれる
目に見えない悪戯者がいたらしい。

小石を蹴り飛ばそうとすると、まるで大きな岩を蹴ったような衝撃が返ってきて、
蹴った子が逆にひっくり返る……そんなことが多々あったのだそうだ。
痛む脚を庇いながら再び石に触れると、今度は問題なく蹴り飛ばせたという。

“これはヒデキが石をしっかりと押さえていたから、力負けして転倒したのだ”
ほとんどの子供たちがそのように認識していたという。

「だから缶蹴りが出来なかったんだ。
 空き缶を蹴飛ばしても、ヒデキのせいでまず飛ばないんだもの。
 下手すりゃこっちが力負けして転けるし」

そこは今でも子供たちの遊び場となっているそうだ。
ヒデキがまだいるのかは不明である。