162 本当にあった怖い名無し sage 2013/03/30(土) 14:36:46.31 ID:0witU+G4O
スレチしたからそんなに怖くない話だけど書いとく

中学で栃木の高原山にキャンプ行った時のこと
うちは5人の班で1つのテントだった
横一列に並んだ端の2人が寝たあとも真ん中の3人でひそひそ話してた
しばらくして自分の隣で背中を向けて寝てた奴が手を動かしはじめた
なにかを押しのけるみたいな仕草を繰り返しながら低い声でブツブツいってる
うなされてんのかなとか起こした方がいいのかなと話してるうち10分くらいして
そいつはまた静かになった

翌朝「なんでずっと脚をのせてたんだ」とそいつに怒られた
夜中にいきなり脚をのせられて目が覚めた、重いからどけてくれと頼みながら
押したり叩いたりしたのに動かしてもくれなかったから諦めて寝たという
起きてた3人はあれかと思い当たったけど脚なんかもちろん載せてなかったから
載せてない、寝ぼけたんだろと返したけど絶対に載せてたと譲らない
寝てなかった証拠に、起きてた組がその時なにを話してたかを云いはじめたが
細かいとこまで正確にあってる(部活の先輩の問題について真面目に話してた)
とにかく脚は載せてないけど、話し声でよく眠れなかったせいかもしれなかったから
それは悪かったと謝ってなんとかおさまった
載ってたのは太ももまで素足な上に女の子みたいなムチムチした感触で
ペチペチ叩いた時の感触が手に残ってたらしい
また何度も叩いてるとたまに「痒い」か「怠い」みたいことを低い声で
ボソッと返してきてたそうだ
そいつと自分の間に挟まれて何かが寝てたのかなー
女の子だったとしたら今のところ添い寝したのはそれが最初で最後だ