117 闇男爵。 sage 2006/07/11(火) 22:45:16 ID:D/bboCk8O
体から…!
季節は夏!
様々な観光客が海に押し寄せる。
某県の海沿いには、
救急病院があり、
海の事故に迅速な対処をし、地元から信頼を得ていた。
ある夜…、
一人の男が担ぎこまれてきた。


118 闇男爵。 sage 2006/07/11(火) 22:52:02 ID:D/bboCk8O

男は意識不明で、
夜の浜辺で倒れている所をカップルに発見され、病院に担ぎこまれた。
直ぐに検査が始まり、全身を調べたが、
これと言った外傷もなく、脳検査も血液検査も異常がなかった。
ただ、右膝に腫れがある程度。

119 闇男爵。 sage 2006/07/11(火) 22:59:24 ID:D/bboCk8O

仕方なく医師は、
右膝を切開して調べる事にした。
切開してみると…
貝?の様なものが、
皿の内側にビッシリくっついていた!
医師は驚き、
貝?らしき物を一枚採集し、
調べた。
それは…魚の鱗だった。
人間に鱗が生える訳が無い!
その時、男のいる病室から、看護士の悲鳴が聞こえた!

120 闇男爵。 sage 2006/07/11(火) 23:07:44 ID:D/bboCk8O

病室に駆けつけると、そこには男の姿はなく、
窓が空いていて、
看護士が腰を抜かしているだけだった。
事情を聞くと、
採血しようと男の腕に注射した所、
突然!全身に鱗が生え始め、
顔も醜い魚の様に変化して、
窓から逃亡したらしい。
一体、男は何者なんだろう?
この土地の昔話には、半人半魚の妖の伝説が残されている。
もしかしたら、
彼はその末裔だったのかもしれない。